×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康食品 人気 ランキング

Image Replacement

@2han 人気の健康食品〜おすすめランキング〜について

@2han(アットツーハン)は日本全国の良いものを紹介するサイトです。今はお店に行かなくてもネット通販で様々なものを手に入れることが出来ます。当サイトでは大手通販サイトでは紹介されていない口コミで大人気の隠れた名品をおすすめするサイトです。他の人より早く人気商品や限定商品を手に入れましょう!

人気の健康食品(サプリメント)

健康食品(サプリメント)とは

サプリメントとは、いわゆる「栄養補助食品」とか「健康補助食品」といわれる食品のことで、言葉の起源は、米国のDietary Supplement「ダイエタリー・サプリメント」を略したものです。「健康食品」という呼称については一部で語弊があるという意見も多く、一般的には薬のようにカプセルや錠剤のものをサプリメント、食べ物・飲み物に当たるものを健康食品ということが多いですが、本来は同じものです。

それでは、supplementの本来の意味とはどういったものでしょうか。英和辞書を引いてみると、「〜の補足となる」「〜の不足を補う」――とあります。これからわかるように、サプリメントとはあくまでも「(栄養)補助食品」を指します。決して食事をしなくとも、サプリメントがあればいいという訳ではありません。

よく、「わたしの朝食はサプリメント!」――と、朝食は一切せずに得意気にカプセルを出す方がいらっしゃいますが、大いなる誤解といわざるを得ません。ここで、いまいちどサプリメントというものを正しく認識してみてはいかがでしょうか。

健康食品(サプリメント)の目的、必要性

サプリメントは不足している栄養素を補うことを目的としています。つまり、ご自身に不足している栄養素が把握できていれば、どのようなサプリメントを摂ればいいのかがわかります。しかし、これは至極難しいことです。

みなさんは、今までご自身の食事における栄養バランスをチェックされたことがあるでしょうか。まずはご自身の食生活をもう一度見直してみて、どの栄養素が不足傾向にあるのか調べてみることが、上手にサプリメントを活用する方法でしょう。

それでは、逆に、日々規則正しい食生活を繰り返していれば、サプリメントは必要ないのでしょうか。食事にバランスよく栄養価が備わっていれば、理論上まったく問題ないでしょう。しかし、これはあくまでも理想論にすぎません。

もちろん人それぞれ食生活は異なり、栄養摂取の環境や背景も一様ではありませんが、現代日本人の食生活を総体的に見た場合、もはやバランスよく栄養価の備わった食事をできている方は皆無に等しいとさえいわざるを得ません。

つまりは、あなたが人並みの食生活を営んでいらっしゃるのなら、何かしらのサプリメントは、もはや必要と言わざるを得ない情況にあるといえるでしょう。

それぞれの栄養素には体の中での働きが異なるため、栄養バランスが偏るとビタミン・ミネラルの不足などをまねき、肌や体の調子を崩してしまう原因にもなり、ひいては生活習慣病のような重病にもなりかねません。

そんなことにならないためにも、日頃から足りない栄養素をサプリメントで補うことも健康を維持するために大切なことだといえるでしょう。

「サプリメント」と「薬」の違い

その特有な形状から、よくサプリメントと薬を混同する方がいますが、サプリメントはあくまでも「食品」です。薬が足りなくて病気になることはありませんが、栄養素が足りなくて病気になることは大いにあります。

「薬」はある特定の疾病に対し、その根源を薬理効果によりとり除くのが主な目的とされ、身体にとって「異物」の存在になります。これに対し、「サプリメント」は基本的に栄養素ですから、もともと身体に存在している構成成分が主です。また、サプリメントは不足している(べき)栄養素を補うのが主な目的で、ポパイのホウレンソウのように、摂ったことで即座に何かの極端な効果を体感できるわけではありません。

そもそもわたしたちがふだん食事からとっている(べき)栄養素こそ、血となり、肉となり、骨となり、身体の一部として機能するまでに、とってから数日、数週間、数ヶ月、あるいは数年という時間を必要としているわけで、サプリメントの効果もそうした長いスパンでしか体感できません。それだけに、ご自身に必要なものを的確に判断することが必要になるわけです。

ビタミンやミネラルの場合、副作用というより、過剰症があります。とくに脂溶性のビタミン(A、D)とミネラルは、摂りすぎると肝臓などにたくわえられるため、過剰症が起こりやすくなります。

“薬”ではなく“食事”なのですから、「食べ過ぎ」や「栄養偏重」には注意が必要です。そのためにも自分の栄養摂取状態(食事状態)を把握し、適切に不足しているものを補う必要があるといえるでしょう。

人気の健康食品・自然食品

スポンサードリンク